無料と有料テンプレートの違い

無料と有料テンプレートの違い

無料と有料テンプレートの違い

無料と有料テンプレートの違い

ドロップシッピングテンプレートには無料版と有料版があります。

 

もしもドロップシッピングに用意されている「ショップできすぎくん」や
リアルドロップシッピングで用意されている「DS-Store」も無料で利用できるテンプレートです。

 

もちろん、これらのテンプレートを使うことは悪いことではありません。
むしろ、ドロップシッピングを始めたばかりの方は、まずは
「ショップできすぎくん」や「DS-Store」で売るためのノウハウを学ぶべきです。

 

しかし、ある程度の売上を上げて、そこから更に売上を伸ばしていくためには、有料のテンプレート&HP作成支援ソフトが必要になってきます。

 

ここでは、無料テンプレートではなく、
有料テンプレートを使うべき3つのポイントを紹介します。

 

他ショップと差別化できる

 

無料テンプレートの場合は、誰でも「無料」で利用することができるため、
同じテンプレートを利用している人がたくさんいます。

 

これでは、どのサイトも同じような見た目で差別化できないため売れにくいです。
また、同じようなサイト構成とコンテンツになると
検索エンジン対策(SEO)でも不利になります。

 

有料テンプレートなら、他ショップと差別化できるだけでなく、
SEOにも強い構造になっているため売れやすいショップを作成できます。

 

 

余計なリンク(広告など)が付かない

 

無料で利用できるのは何故でしょうか?
それはテンプレートを提供する側にも何らかのメリットがあるからです。

 

分かりやすいのが広告になります。
ショップできすぎくんのページを見ていただくと分かりますが、
ページ下の方に「PR広告」が表示されています。

 

つまり、無料で利用できる代わりに余計なリンクが表示されてしまいます。
テンプレート提供側としては、このPR広告により収益を得ています。

 

SEO的には余計な発リンクは付けない方が良いです。
有料テンプレートなら、余計な広告リンクは一切付かないので、
SEO的にも有利ですし、お客様にとっても信頼感あるショップを作れます。

 

 

カスタマイズの自由度が高い

 

無料テンプレートの場合は、レイアウトがある程度固定されており、
一部分しか変更することができないなど、色々と制約が多いです。

 

リアルドロップシッピングの「DS-Store」は無料で商品を追加できるのは20商品までで
それ以上増やしたい場合は月額で料金が発生します。

 

有料テンプレートの場合は、取り扱う商品のジャンルや
お客様の年齢層に合わせて、細かい所までカスタマイズすることができます。

 

結果として、他ショップとの差別化につながり、売れやすいショップになります。

 

 

私も最初は超できすぎくん(ショップできすぎくんの前身)でショップを作成していましたが、
今では完全に有料テンプレートを利用しています。

 

無料で始められるのがドロップシッピングの良い所ですが、
ネットビジネスである以上、サーバーや独自ドメイン、有料テンプレートなどある程度の投資は必要です。

 

本気で売上(利益)を上げていきたいとお考えの方には、
有料テンプレートをオススメします。

 

次のページではドロップシッピングテンプレートの種類をご紹介します。

 

>>> ドロップシッピングテンプレートの種類


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 初心者向け 上級者向け 格安 もしも用 リアル用